ポイント解説教科書ワーク(補助教材)

point-1教科書ワーク おすすめ教科は?

教科書に準拠した副教材なら、教科書ワーク(文理という所が出しているやつです)。

親である私にとっても、教科書ワークは良いのです。小学校の教科書だけでは、つかみにくい「学習の狙い」や「ポイント」が 手に取るように良く分かります。

学校の予習や復習に、かなり使えます。

crown.gif おすすめ教科は?

各教科出ていますが、おすすめなのが「算数」と「理科」。うちの子供に3年間使ってきた感想では、この2科目のフォローに効果を発揮したと思いました。何よりコンパクトにまとまっているので、新しく習う事の全体を把握するには、とても良いと思いました。

逆に、役立たなかった・・・と思うのが「国語」。各教科書には準拠しているのですが、どうも中途半端です。漢字は、学校のドリルの方が充実しています。文章の方は、本当の理解につながるのかは、その子次第という印象でした。

「社会」は低学年・中学年のお子様は、地域の事を学んだりしますので、教科書ワークよりも個別的な図鑑や本を読む方が楽しそうでした。でも、社会は、学年が進んで、地図や歴史などを勉強するようになったら、また効果があるかもしれません。

本屋さんいわく、新学期が始まり、教科書が配布されると、注文が一気に殺到するんだそうです。

教科書名、しっかり確認してから買って下さいな。表紙は同じなので、間違えやすいです。私は本屋さんで、うっかり間違えました。それ以来、ネットでしっかり注文画面で確認してから、買ってます(^^ゞ

 

価格:1,197円

アマゾンで詳しく見る

なお、アマゾン・楽天ブックスともに、この教科書ワークの発売日が2011年3月になっていますが、新指導要領に対応済みの新しいものです。


point-2教科書ワーク(文理) これは使える!小学校の予習復習用 

小学校の教科書にぴったりの教材(ワークブック)なら、文理が出している 「教科書ワーク」シリーズ。

文理の 教科書ワーク・シリーズ(小学教科書ワーク、中学教科書ワーク)は、書店で店頭販売される教材の業界の中で、トップセラー。業界ナンバーワンの支持率のワークブックです。

 この教科書ワークの良いところは、全教科書対応版というアバウトなものではなく、東京書籍、光村図書、教育出版 など小学校が使っている教科書会社ごとにきめ細かく対応しているところです。対応科目は、国語、算数、理科、社会。

特に、算数は おすすめです!

教科書の例題や問題とリンクした出題形式なので、我が家では、予習や復習用として使っています。

4581018773 小学教科書ワーク算数3年 東京書籍版
文 理 2011-03

by G-Tools

価格:1,029円

文理 小学教科書ワークの一覧を見る

2011年の4月より、新しい学習指導要領が全面的に実施。今回の新学習指導要領では学習すべき項目が大幅に増え、それに応じて教科書のページ数が20~40%も増えています。ところがところが、教育現場である小学校での授業時数は5~10%程度しか増えません。

したがって、教科書内容のすべてを小学校の授業で、きめ細やかに消化するのは、普通に考えると ほとんど不可能となりそうです。より、家庭で出来る事、家庭学習の重要性が高まるものと思われます。

教科書が何といっても大事な基本。

親としては、丁寧に見てあげたいものです♪

 


TOPPAGE  TOP