こんにちは♪現在小4と小2の男の子を持つ親です。

我が子により良い教材はどれ?と考えた末 長男はZ会、弟くんはドラゼミという結論に至りました。 以下は、通信教材を選ぶときに、検討した内容をまとめたものです。

通信教材選びで大切なのは、使う「目的」。

小学生の通信教材は、会社によって かなり「特徴」があります。 すべての通信教材が、小学校の教科書にぴったり準拠というわけ ではなく応用力にも力を入れたもの、作文学習が中心、受験専門など いろいろです。 子供はそれぞれ性格が違います。子供をよく見て、何が好きか、苦手は何か、どこを伸ばしたいかを考えて選ぶ事が結構重要だと感じています。
途中 で目的が変われば、臨機応変に教材を変更しても良いと思うんです。

小学生の通信教材の選び方のポイント

小学校の授業理解と基礎学力定着⇒教科書に準拠した通信教材(一覧をまとめてみました♪)

興味・やる気・勉強習慣付け⇒大好きなキャラクターや付録のある教材のススメ(こんなに良かったよ♪)

応用力を付けたい⇒ハイレベルコースが選べる通信教材

苦手や得意を伸ばしたい⇒単科受講や特定科目を深く学習できる通信教材を選ぶ

ポイント解説どう変わる?新学習指導要領

point-1小学生、勉強内容が増えてます!

小学校の学習は、以前より増えた上に難しくなっている?!の衝撃。

知ったら結構びっくりですヨ。

以前に「難しいから」という理由でカットされた内容が2011年度から、復活してます。

復活だけではなく、新たに登場したものも含めたら、今の小学生は膨大な量の勉強をすることになってマス。

にもかかわらず、小学校は依然週休二日体制。小学校の授業時間も6年間で278時間増加したそうですが、
それでも圧倒的に学習内容の増加の割合の方が大きいのだそうです。

 


point-2都立中高一貫校入試 変化の兆し

都立中入試は、ここのところ、大きく難化傾向にあります。

私立中学の難関校合格レベルにある受験生と言えども、都立中不合格者が続出したそうです。

その理由は、結果として都立中入試においては、作文の点数が合否に大きく影響したからと言われています。


point-3小学算数8割の子が落ちこぼれ?

気になる特集記事を一つ。エデュー(edu)11月号「新学習指導要領の算数で、8割の子がつまずきます!」という特集ページ。

8割というのも大げさだよな~、と思いつつも読みましたよ。・・・我が家の息子は、2年生の時の新指導要領移行期に、すでにつまずいた経験がありましたから(汗)

 


point-4学習指導要領は、どう変わる?

小学校の教育方針や内容のもととなる「学習指導要領」が2011年度(平成23年)から大きく変わるそう。もちろん、4月から、多くの小学生の子供たちが この影響を受ける事になりますが、どうかわったのか?

我が子も、小学生なので新指導要領の内容が気になります。


TOPPAGE  TOP