こんにちは♪現在小4と小2の男の子を持つ親です。
※長男は現在高1になりました♪

月日の流れは速いもので、「先生の言っていることが全然わからない・・・」と言い出した頃低学年だった長男も、あれから数年経ち、信じられない事ですが、現在偏差値72超の高校に楽しく通っています。漢字がほとんど書けない、鏡文字しょっちゅう、繰り上がり・繰り下がりの計算が苦手。本当にどうしたら?

という状態からのスタートでした。何より自信喪失という状態から救ってあげたい。母も試行錯誤、その時々必死でした。このサイトは、教育に関する知識も経験もほとんどない無知な母親の奮闘の記録でもあります。

当時、そんな我が子により良い教材はどれ?と考えた末 長男はZ会、弟くんはドラゼミ(現在は、まなびwithになってます)という結論に至りました。 以下は、通信教材を選ぶときに、検討した内容をまとめたものです。

通信教材選びで大切なのは、使う「目的」。

小学生の通信教材は、会社によって かなり「特徴」があります。 すべての通信教材が、小学校の教科書にぴったり準拠というわけ ではなく応用力にも力を入れたもの、作文学習が中心、受験専門など いろいろです。 子供はそれぞれ性格が違います。子供をよく見て、何が好きか、苦手は何か、どこを伸ばしたいかを考えて選ぶ事が結構重要だと感じています。
途中 で目的が変われば、臨機応変に教材を変更しても良いと思うんです。

そして、好みや相性も大切です。

小学生の通信教材の選び方のポイント

小学校の授業理解と基礎学力定着⇒教科書に準拠した通信教材(一覧をまとめてみました♪)

興味・やる気・勉強習慣付け⇒大好きなキャラクターや付録のある教材のススメ(こんなに良かったよ♪)

応用力を付けたい⇒ハイレベルコースが選べる通信教材

苦手や得意を伸ばしたい⇒単科受講や特定科目を深く学習できる通信教材を選ぶ

ポイント解説ICT化など

point-1コロナによる休校へのフォロー

コロナウィルス感染者を出した学校は一定期間休校になっているようですが、感染とは無関係の学校においても、休校を検討する学校が出てきているようです。

都内でも私立小学校の一部が休校を発表しているようです。小さなお子さんが電車で通学されていることを考えると賢明な判断だと思います。秋篠宮の息子さんが通われている御茶ノ水女子大付属の小中学校も約1か月休校を決めたとか。このような決定を受けて、順次これに続く学校もあるのではないでしょうか。

えっ?お休み?と聞くとちょっと心配になるのがお勉強。子供にとっては、一足お先の春休みですし。

でも、今は とても便利な時代になりました。仮に学校がお休みになっても、通信あるいはオンラインで学習するという手段がありますもの。まさかコロナ騒ぎになるとは思わずのオンラインツールですが、こういう時にこそ活用できてしまいます。ご家庭という安心の室内で、しっかりフォローできるのはいいですね。

 

まさに、ICT化が進んでいる私立の小学校や中学校とほぼ変わらぬフォローをご家庭で用意で来てしまうからびっくりな時代です。

 

現在ご家庭のパソコンやIPadを使って勉強が出来るツールを紹介しておきます。

☆スマイルゼミ

対象:未就学児(幼児)・小学生・中学生

従来のネット学習の問題点を改善しながら作られたもの。タブレットなのにノートが取れたり、書き取りが出来たり画期的です。

【公式サイト】

https://smile-zemi.jp

 

☆z会

対象:未就学児・小学生・中学生・高校生

こちらは、昔からのいわば老舗。従来のテキスト(紙)ベースとタブレットと選べる2タイプです。紙ベースがお好みという子にもおすすめ。

【公式サイト】
https://service.zkai.co.jp

 

☆スタディサプリ

対象:小学生・中学生・高校生

単元ごとに動画授業を見ることが出来るので、まるで授業を受けているみたいです。テキストはプリントアウトして使います。問題練習も出来ます。

【公式サイト】

https://studysapuri.jp/

 

ちなみに高校生の息子たちは、当たり前のようにスタサプ(若い子は、スタディサプリの事をこう呼ぶらしいです)を上手に使って勉強しています。たぶん、休校になってもあまり支障はないかもしれません。


 


TOPPAGE  TOP