ポイント解説子供向け 良かった本♪

point-1海のサバイバル(かがくるbookサバイバルシリーズ)

学習まんが かがくるのサバイバルシリーズ。お隣韓国で大ベストセラーの科学教育マンガなんだそうです!

どれどれ?と試しに購入してみました。

驚くなかれ、ただのマンガ絵本ではありませんでした。

この「海のサバイバル」は、一家が船で海に出たら漂流・・・という所からスタート。
照りつける太陽に喉の渇きと飢え。どうやったら生き残れるか。
冒険ストーリーは、まさに生きるか死ぬか・・・ハラハラドキドキです。

科学的な知識の裏付けのもと書かれているのでリアルで子供は夢中になりました。

面白いらしく、繰り返し読んでいます。2度3度読んでしまいたくなる内容のようです。

良いな、と思ったのは 学習漫画くさくないところ!

学習漫画は、理解の助けになって良いのですが、
ものによっては「お勉強のにおい」がプンプンして 子供によってはその雰囲気を敏感に感じ取ってしまって乗り気にならないなんて話は聞いたことがありますが、この本は 全くお勉強しましょう・・・という雰囲気が出ていないのです!

子供が、あれよあれよという間に引き込まれていってしまう魅力があるようです。

何かが起こって、生き残るために「こうする」という所が臨場感があって良いのかもしれません。

案の定、次も読みたいとせがまれました。

このシリーズは、子供たちは、絶対にはまります♪ おすすめです。

海のサバイバル [ 洪在徹 ]

 価格:1,260円

 


point-2そろばん 教材(プリ具)

小学校3年生の3学期に、算数で「そろばん」をやりました。そろばん、本当は 小さいうちからやっていると良いと聞きます。

小さい時から、そろばんをさせてみたかったのですが、近所に そろばん塾がないのです。昔は 必ずどこかでやってましたよね。少子化の影響なのでしょうか?!

それなので、うちの子は、小学校の授業で初めて そろばんを体験。

簡単な予習・復習に役に立ったのが、この本。プリ具シリーズの自学そろばん(そろばん付き)。

教科書+問題集形式のテキストにそろばんが付いています。親子で読み進めながら、文字通り自学できますよ♪

IMG_5395.JPG

このそろばん、色分けしているところがミソ。

位取りを覚えさせるのに、良かったです。

価格:1,680円

ただし、「そろばん」自体は、小学校の授業では簡単に触れる程度なので 家庭でそこまでフォローする必要があったかというと、なかったかもしれませんね・・・ただし、そろばん、やってみて思ったのですが、どうして3年生で入れたのか?

「そろばん」は、たしざんの繰り上がり、ひきざんの繰り下がりを理解させるのに かなりの威力を発揮すると思いました。1年生もしくは、2年生でやるのが 良いのではないかなぁ?

楽天ブックスなら、送料無料です♪

【楽天ブックス】自学そろばん


point-3机のなかの竜の森(小学3年生で読んだ本)

ほんだみゆきさん著の「机のなかの竜の森」 ポプラ社。

屋台のおじいさんから、少年が竜のたまごをもらい、それを机の引き出しの中で育てはじめる事から始まる物語。

気づいたら引き出しの中に・・・みずみずしい描写に 子供も、そして私も惹きつけられました。図書館で子供が借りてきた本でしたので、欲しくなり色々探しましたが 現在では売り切れ(品切れ・重版未定)のようです。

図書館で是非見つけて親子で読んでみて下さい!

対象年齢:小学校中学年から

参考になる子育てブログがたくさんです♪ ブログをお持ちの方は、是非お仲間入りを・・・

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


point-4もっとくらべる図鑑/小学館 買いました♪(感想・レビュー)

小学館が先日発売した、図鑑NEOのシリーズ、『もっとくらべる図鑑』 小学館の図鑑・NEOぷらす を買ってみました♪ 発売前のCMを見て、息子が欲しいと言っていたので、思い切って。

図鑑と言えば、"恐竜図鑑"なら"恐竜"について、ジャンルごとに分類されているものが、ほとんどです。けれど、この図鑑は違う。


TOPPAGE  TOP