ポイント解説図形・円の理解

point-1ペン型のコンパス 「ペンパス」 これは良い!

レイメイ藤井さんという所から出している、ペン型のコンパス「ペンパス」。

 

コンパスは、ケースに入れて持ち運ばなければいけないものが ほとんどですが、こちらのコンパスは、たたんで付属のキャップをすると、ペンのようにスマートになってくれます。

 

筆箱の中に入れる事が出来て、とても重宝です。

 

このペンパスは、鉛筆を挿して使うタイプではなく、専用芯(昔からあるコンパス用の太い芯)を使うタイプのものです。

 

compass.jpg

長さも、太さも ちょうど蛍光ペン程度。

キャップは、かなりしっかりしまります。

compass1.jpg

 

小学生なら、コンパスの使い方に一通り慣れた高学年くらいから おススメ。

コンパスにある程度慣れた子なら、とても使いやすいようです。

うちの子供は5年生からペンパスデビューしています♪ 筆箱に一緒に入るのも面倒くさくないようです。

 

ただし、初めてコンパスに触れるお子様、特に低学年のお子様は、鉛筆タイプを推奨します。使い慣れていない子にとっての回しやすさ、という点では、鉛筆を入れるタイプのものや、クルンパスの方が良く考えられていると感じます。

 

お値段も、この機能で びっくりする位安いです。ステッドラーコンパス何分の一か・・・

 

色もカラフルで かわいいです♪

 

 レイメイ藤井 コンパス ペンパス グリーン JC600M

価格:468円

 


point-2小学生・面積の学習(理解のために良い方法)

小学生は、教科書では4年生で初めて出てくる面積。

戸惑う子も いるはずです。正方形や長方形の面積、大人はごく普通に「縦×横」で済みますが、子供は「どうして?」を知りたがるはずです。

面積理解には、これです。小学校2年生位で掛け算を習った時にやりました。

四角い小さな箱を敷き詰めたものが何個ある?というやつです。

▼ステップ1

まず、面積は「大きさ・広さ」であることを教える。まわりの長さでもない事を教えます。

そして、面積の最小単位は、

「縦1センチ、横1センチの正方形」で、それを「1平方センチメートル」と呼ぶのだと教えます。具体的に形を示すと、そのものとして理解してくれるはずです。

 

▼ステップ2

1平方センチメートルという面積の一番小さな四角を理解したら、大きな図形の面積の求め方も理解できます。

これは、掛け算を習った小2でやった考え方です。 

menseki1.jpg

 この2ステップでクリアです。


point-3小学3年 大切な2学期 無事終了・・・

2学期は、子供がようやくクラスにもなじみ、そして1年の中で最も集中出来る重要な期間。

3年生では、勉強の進度もぐっと早くなり、算数では「メイン」と言われる、掛け算の筆算・小数そ・分数、そして図形(二等辺三角形と正三角形の概念)をじっくり取り組みます。

理科も、光と影や太陽の動き、重さなど より理科的な要素が強い内容を勉強します。

この時期、いかに元気に過ごし、そして お話をじっくり聞けるようになるかも 大切なポイントだと痛感しました。(11月にマイコプラズマで長く休んだ時は、フォローにとても気を使いました・・・!元気が一番ですね~♪)

 


point-4小学3年になったら! 「コンパスの上手な使い方」のコツ

ゆとり教育がおわって、新しい学習指導要領になり、「コンパス」指導が、4年生から3年生に変更になりました。先輩ママに聞くところによると、4年生でも、コンパスの指導には、なかなか時間がかかっていたそうです。じゃあ、3年生なら更に手間取ることが予想される?

いざ、我が子。3年生の1学期に算数「円と球」の学習でコンパス始まりました。せっかく書き始めたのに、コンパスの先がずれてしまったり、円が二重になってしまったり・・・きっちりした円を書くことは、結構難しい。

コンパスを使った円を書く為に必要なアクション・動きは

①コンパスを回転方向に少し傾ける(直立させていては、うまく回せません!)

②指で頭のつまみをつまんで回す動作

③つまみを回す事によってコンパスの腕を大きく一気に回転させる

の3つ。


point-5コンパスを使った作図のポイント!【小学3年円と球】

コンパスを使うのに ちょっと慣れたら、次に出てくるのが作図。

見本を見て、同じように作図せよ~!という問題です。図形とかまえちゃうと、嫌になっちゃいそうなので、我が家では「コンパスを使ったお絵かき」と言って取り組みました(^^ゞ

言葉とは不思議なもので、物事を 取りかかりやすくしてくれるようです。

とは、言え・・・すいすいとはいきましぇんが!

今日、お勉強したのは、これです。

DSC_0048.JPG


point-6小学校3年生 コンパスを使う「円と球」勉強のポイント!

小学校3年生になると、算数の勉強でコンパスを使います。

子供達は、道具を使うのが どうやら大好きなよう。でも、いざ算数的に、きっちりとコンパスを使うとなると、3年生にはちょっと大変そうです。

3年生で、コンパスを使う狙いというか目的は、この3つだと思います。

①円という形を理解する(円の中心と半径、直径の関係)

②指示された長さの半径、もしくは直径の円が きれいにコンパスを使って書く事ができること。

③コンパスを使って、長さを比べたり、はかったり出来る事。

 


point-7小学校低学年で使う「コンパス」

3年生になると 算数の図形の勉強で「コンパス」を使います。

学校の勉強で使うから、どうせなら 本格的なものを・・・と考えるのが親心。

コンパスは、色々なタイプのものが出ているようです。

ざっと見たところ、鉛筆を差し込んで使うタイプのものと、専用芯を挟むタイプのもの、シャープペンタイプのもの、の3タイプかな。

専用芯を入れるタイプのコンパスは、小学校低学年の子供には、少し扱いづらそうです。また、小さすぎるコンパスも バランスが悪くて使いにくそう。中心の軸の部分を固定して、くるくる回して円を書くというのが、案外難しいようです。

私が、我が子に選んだのは、オーソドックスな「鉛筆をはさんで使う」このタイプ(小学校によっては、このタイプを指定してくるところも多いです)

コンパス・鉛筆用 小学生むけ

値段は、300円前後。

おすすめで~す。


TOPPAGE  TOP