ポイント解説小数・分数

point-1小学4年生 小数の足し算・引き算が苦手

小数ってどんなもの?という事がわかったら今度は計算。

小学4年生では、小数第2位までの足し算・引き算をやります。

小数の足し算・引き算(筆算)どうも間違いが多い という場合は
小数点の位置(位取り)を注意して見てあげて下さい。

4年生の時に、小数の概念そして小数の足し算引き算の位取りの感覚を
しっかり練習しておくと5年生が楽に乗り越えられます。


point-2小学校4年生 小数がわかるために

小数の意味や小数第一位までの「足し算」「引き算」は、3年生で習いました。

4年生になると小数第2位までの小数と計算を習います。

3年生で、何となーく出来ていた子も、小数第2位までの数になると ちょっと戸惑う子も多いと思います。

1を10等分した数が0.1で、それが5コ集まったら0.5という事までは、結構わかるんだと思います。
だけど、1を100等分した数が0.01・・・となると戸惑うようです。

小数を理解するためには、

1より小さな数の"イメージ"がとっても大切

 なんだと思います。

1を10コに分けたら 0.1

0.1をさらに10コに分けたら、0.01と 「1」のある場所(桁)が
右に動いていく事を じっくり教えてあげると良いでしょう。

 


TOPPAGE  TOP