ポイント解説ゲーム、携帯との付き合い方

point-1子供にゲームは、与える?与えない?ゲームの子供への影響

子供が幼稚園の頃は、まだDSやwiiとったゲームは まだ持っている子が少なかった。上にお兄ちゃんがいる子は、ちょっと触っていたという位でした。

ところが、小学校に入学してから、ゲームデビューする子が多くなるようです。うちの息子は、1年生の時は まだ興味を持っていなかったのですが、小学校2年生の夏休みあけ位から、欲しがり出しました。

私自身、ゲームには全く免疫がなく、やっても上手でもないので楽しさもわからず、「賛成」とも「反対」ともつかない状態でした。

ただ、母として心配なことは、

ずっと画面を見ているので、目に悪そう

1日どのくらいの目安でゲームをさせるべきか(やりだしたら止まらなそう!)

ちょっと前に言われていた、ゲームが子供の脳に与える影響

でした。


point-2ノーメディアデーの難しさ

毎年1回、小学校ではノーメディアデーの取り組みがあります。

ノーメディアデーとは、テレビ、ネット、ゲームといったメディアの時間を一日なくしてみようよ・・・あるいは、ちょっと減らしてみましょうというものです。

ノーメディアデーの意味は、子供自身が、今日はゲームやテレビ、ネットといったメディアをセーブしてみよう!とセルフコントロールできる力を身につけさせることにあると思っています。これも、メディアを上手に生活に取り入れ、自分の力として活用していこうというメディアリテラシー教育の一環なんだと思います。


TOPPAGE  TOP